「個人情報」追跡の広告制限 米アップルが近く新機能

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アップル本社の講堂「スティーブ・ショブズ・シアター」=米カリフォルニア州クパチーノのアップル本社で2019年9月、中井正裕撮影
アップル本社の講堂「スティーブ・ショブズ・シアター」=米カリフォルニア州クパチーノのアップル本社で2019年9月、中井正裕撮影

 米アップルは7日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などの基本ソフト(OS)を近く更新し、個人情報を利用した広告を制限する新機能を始める方針を明らかにした。利用者が個人情報を管理しやすくする。個人の関心に狙いを絞ったターゲティング(追跡型)広告に影響が出るとみられる。

 新機能では、…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文421文字)

あわせて読みたい

注目の特集