特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

生粋の「慶応ボーイ」佐藤翔馬 本命200m平で日本新の五輪切符

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子200メートル平泳ぎ決勝を日本新記録で制し拳で水面をたたく佐藤翔馬=東京アクアティクスセンターで2021年4月7日、梅村直承撮影
男子200メートル平泳ぎ決勝を日本新記録で制し拳で水面をたたく佐藤翔馬=東京アクアティクスセンターで2021年4月7日、梅村直承撮影

 東京オリンピック代表選考を兼ねた競泳の日本選手権第5日は7日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われた。男子200メートル平泳ぎは佐藤翔馬(20)=東京SC=が2分6秒40の日本新記録で初優勝した。日本水泳連盟が設定する派遣標準記録を突破し、400メートルメドレーリレーに続き五輪代表入りを決めた。

 世界記録更新も期待された大会屈指の注目レース、男子200メートル平泳ぎ。終盤までその大記録を上回るペースで進んだのは伸び盛りの20歳だった。0秒28及ばなかったものの、日本記録を更新した佐藤は「自分でも驚くくらい平常心で臨めた。結構良いタイムが出るんじゃないかと思っていた」とたたき出したタイムに目を丸くした。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文968文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集