J1広島 2ゴールの浅野、オリンピック代表入りへ猛アピール

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【横浜FC-広島】前半、自身2点目のゴールを決める広島・浅野=ニッパツで 拡大
【横浜FC-広島】前半、自身2点目のゴールを決める広島・浅野=ニッパツで

○広島3―0横浜FC●(7日・ニッパツ三ツ沢球技場)

 開幕から負けなしの広島をさらに好調の波に乗せたのは、東京オリンピックに臨むU24(24歳以下)日本代表入りを虎視眈々(たんたん)と狙うMF浅野だ。前半に2点を奪い、猛アピール。「みんなのお陰で点を取れた。もっといいものを出せるようにしたい」と貪欲に語った。

 試合が動いたのは前半20分だった。落ち着いてパスを回しながら右サイドからチャンスをうかがうと、浅野はMF川辺とのワンツーから抜けだし左足で先制ゴール。15分後には味方が相手GKへのバックパスにプレッシャーをかけ、こぼれたところを浅野が拾い、相手守備陣をかわして左足で2点目を決めた。

 浅野は大体大から2019年にJ2水戸に入り、20年に広島に移って2年目。昨季は32試合で5点を決めたが、今季は出場8試合で3点と昨季を上回るペースでゴールを挙げる。同じ広島で活躍した日本代表FW浅野拓磨(パルチザン)を兄に持ち、背番号は広島時代の兄と同じ「29」。快足が自慢の兄に引けを取らないスピードと、精度の高いキックが持ち味だ。3月のU24日本代表の強化試合には選ばれなかったが、まずは所属先で結果を残す。【尾形有菜】

あわせて読みたい

注目の特集