連載

論の周辺

本や雑誌をはじめ、世に飛び交う「論」から、さまざまな話題・現象について考えます。

連載一覧

論の周辺

60年安保で「交差」したもの

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
猿谷弘江「六〇年安保闘争と知識人・学生・労働者」
猿谷弘江「六〇年安保闘争と知識人・学生・労働者」

 2020年は1960年の安保反対闘争、いわゆる「60年安保」から60年に当たった。雑誌の特集などを除き、目立った刊行物、特に研究者による本格的な学術書が出ないのを寂しく思っていたが、それが21年3月、ついに現れた。歴史社会学者の猿谷弘江・上智大准教授が書いた『六〇年安保闘争と知識人・学生・労働者』(新曜社)である。

 60年安保は、岸信介政権が進めた日米安全保障条約の改定に反対する声が、左派の政党や労働組合を中心に広がった「戦後最大の社会運動」だ。改定された新条約が自然承認された6月19日には約33万人(数には諸説ある)が、反対を訴えて国会を取り囲んだ。

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1506文字)

あわせて読みたい

注目の特集