演奏会を無料配信 「三井物産クラシック」オンライン化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス禍を音楽の力で乗り切ろうと、日本を代表するソリストらが集っての演奏会が、30日まで無料配信されている。恒例だった「三井物産クラシック・コンサート」のオンライン化。「明日へつなぐハーモニー」と銘打ってピアソラ「ブエノスアイレスの四季」など季節にちなんだ曲を並べ、「春」到来への願いを音に込めた。

 ピアソラは今年が生誕100周年。「ブエノス……」は「冬」と「春」を鈴木大介が新たに編曲し、フルート工藤重典とギター大萩康司の初顔合わせで披露される。大萩はトークで「難しい時代だが、この曲の冬の中には春のモチーフが一節入っている。続けて演奏することで、何かを昇華できれば」と話した。ほかに、バッハ「ブランデンブルク協奏曲第5番」=工藤重典、バイオリン加藤知子、チェンバロ中野振一郎▽ビバルディ「四季」…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文545文字)

あわせて読みたい

注目の特集