歌舞伎 四月大歌舞伎 芝翫のすごみと悲しみ=評・小玉祥子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 話題の多い3部制興行。1部は、猿之助の鮮やかな動きの童子実は稲荷明神と中車の小鍛冶(こかじ)による「小鍛冶」が最初。

 続く「勧進帳」は、白鸚が弁慶、幸四郎が富樫のA日程、幸四郎が弁慶、松也が富樫のB日程に分かれる。雀右衛門の義経と四天王は両日程共通。弁慶は抑制された動きの中に義経への思いを込める白鸚、所作が美しく、「滝流し」をつけた勢いのある幸四郎とそれぞれに魅力的。富樫は幸四郎がせりふに優れ、松也は声量をいかしてさわやか。雀右衛門が気品を出した。

 2部は最初が義太夫狂言の傑作「絵本太功記 尼ケ崎閑居」。芝翫の光秀は登場に反逆の将らしいすごみを漂わせ、母皐月(さつき)(東蔵)と子十次郎(菊之助)の死に直面しての「大落とし」では、全身から悲しみをにじませた。菊之助が美しく哀れでりりしい。魁春の操が家族それぞれへの気づかいを感じさせ、東蔵は気丈さの中に光秀への思い、十次郎への情を見せた。梅枝の初菊が愛らしく繊細で、扇雀の久吉、彌十郎の正清と周囲…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文766文字)

あわせて読みたい

注目の特集