胎児の「種」作製成功 米豪2チーム、iPS細胞で類似の細胞塊

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 人の皮膚の細胞や人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、胎児に発育する前の段階である「胚盤胞」に似た細胞の塊を作製したと、米国とオーストラリアの二つのチームが17日付の英科学誌ネイチャーに発表した。生殖医療に役立つ可能性がある一方、技術が進展すれば卵子と精子の受精を経ずに人のクローンを誕生させることにつながりかねず、生命倫理面で課題もありそうだ。

 胚盤胞は、受精卵が成長して子宮に着床する寸前になった細胞の塊。これまでマウスでは幹細胞から胚盤胞に似たものが作られていたが、人では初めて。今回作製されたのは胚盤胞とは異なる細胞を含んでおり、両チームとも「本物と同じではない」とし、子宮に着床させる計画はないとする。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文680文字)

あわせて読みたい

注目の特集