連載

かんさい楽

毎日新聞デジタルの「かんさい楽」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

かんさい楽

日本障がい者ファッション協会(大阪府茨木市) おしゃれで福祉華やかに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
巻きスカート「ボトモール」を着用し、ポーズをとる日本障がい者ファッション協会代表理事の平林景さん(中央)ら=大阪府茨木市で、共同
巻きスカート「ボトモール」を着用し、ポーズをとる日本障がい者ファッション協会代表理事の平林景さん(中央)ら=大阪府茨木市で、共同

 <見・聞・楽 かんさい楽(がく)>

 「戦闘服はスカート」と公言する男性が率いる日本障がい者ファッション協会(大阪府茨木市)は、障害や性別への偏見をなくしたいとの思いを込めた服「ボトモール」を作った。「誰もが着やすく、着たくなるものを。おしゃれで福祉を華やかに」。夢は、ボトモールを着た車いすのモデルがパリ・コレクションのランウエーを飾ること。

 ボトモールは、同協会代表理事の平林景さん(43)が中心になり、昨年発表した巻きスカート。英語の「ボトム(底)」と「オール(全て)」を掛け合わせて名付けた。男女どちらも着られる柄にし、着脱しやすいよう、面ファスナーで留める方式を採用した。座った状態で美しいシルエットを生み出せるよう、前部の丈の長さにもこだわっている。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文995文字)

あわせて読みたい

注目の特集