連載

現場から

毎日新聞デジタルの「現場から」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

現場から

チャレンジテストは今/上 評価方法「これでいいのか」 学力把握、課題検証のはずが-- /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府独自の統一テスト「チャレンジテスト」に臨む生徒ら=枚方市立長尾西中で2021年1月13日、野口由紀撮影
大阪府独自の統一テスト「チャレンジテスト」に臨む生徒ら=枚方市立長尾西中で2021年1月13日、野口由紀撮影

 府教委が公立中学校生などを対象に実施する統一テスト「チャレンジテスト」。1年生は国・数・英の3科目、2・3年生は理・社を加えた5科目で、2021年度は3年が9月、1・2年が22年1月に実施される。各校の平均点が高校入試の個人の内申点に影響し「団体戦方式」と言われるシステム。その評価方法などを巡り、教育現場からは疑問の声も上がっている。3回にわたって報告する。【亀田早苗】

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1230文字)

あわせて読みたい

注目の特集