新型コロナ ワクチン接種 模擬訓練で課題確認 橿原市職員、看護師ら /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
本番に備えてワクチン接種の手順を踏む看護師ら=奈良県橿原市のかしはら万葉ホールで、姜弘修撮影
本番に備えてワクチン接種の手順を踏む看護師ら=奈良県橿原市のかしはら万葉ホールで、姜弘修撮影

 橿原市は7日、新型コロナウイルスワクチンの接種会場となる同市小房町のかしはら万葉ホールで、集団接種のシミュレーションを実施した。市職員と看護師約100人が参加し、本番に向けて課題を確認した。

 県内での感染者拡大を受け、市民の参加は見送った。被接種者役を職員が務め、受け付けから予診、接種、経過観察の…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

あわせて読みたい

注目の特集