「西の星賞」 焼酎原料、2生産者表彰 宇佐市三和酒類 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トロフィーと「赤尾」を手にする宮本さん
トロフィーと「赤尾」を手にする宮本さん

 宇佐市の三和酒類は7日、焼酎「西の星」の原料となる同市産の大麦・ニシノホシの優れた生産者を表彰する「iichiko西の星賞」を宮本康博さん(60)と元吉堅さん(66)に贈った。賞は生産者への感謝と、地産地消の促進を目的に2005年に創設され、表彰は17回目となる。

 ニシノホシは焼酎に適した品種として開発され、20年度は市内130の生産者が1107ヘクタールで収穫した3375トンを同社へ納めた。同賞には63の…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

あわせて読みたい

注目の特集