東芝に買収提案 英ファンド、2兆円超か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東芝は7日、英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズなどから買収提案を受けたことを明らかにした。検討を進める方針で、合意すればCVC側が東芝株の公開買い付け(TOB)を行うとみられる。買収額は2兆円を超え、日本企業の合併・買収(M&A)としては有数の規模となる見通し。東芝は株主の投資ファンドと対立が続いており、株式を非公開化することで経営の自由度を高める狙いがあるとみられる。

 東芝は7日、「昨日、初期提案を受領した。詳細情報を求めて慎重に検討していく」とのコメントを発表。7日の取締役会で提案への対応を協議した。今後、CVC側から具体的な内容などを聞き取り、検討を進める方針だ。東芝は、経営方針を巡り大株主の旧村上ファンド系の投資ファンド「エフィッシモ・キャピタル・マネージメント」ら「物言う株主」と対立が続いている。CVC側は株式の非公開化で、エフィッシモなどによる経営へ…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文906文字)

あわせて読みたい

注目の特集