連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

ジェノサイド、どんな意味? 大量虐殺や重大な危害 ウイグル問題を米認定=回答・岡崎英遠

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
人権報告書について発表するブリンケン米国務長官=ワシントンで3月30日、AP
人権報告書について発表するブリンケン米国務長官=ワシントンで3月30日、AP

 なるほドリ 最近よく「ジェノサイド」という言葉を聞くね。どういう意味なの?

 記者 人種や民族、宗教などに基づく特定の集団を計画的に絶滅(ぜつめつ)させようとする行為(こうい)のことです。人種や民族を意味するギリシャ語「GENOS」と、殺害を意味するラテン語「CIDE」を組み合わせた造語(ぞうご)で、1944年にポーランド人法学者がナチスによるユダヤ人大量虐殺(たいりょうぎゃくさつ)(ホロコースト)などを表現する言葉として自著(じちょ)で使用したのが始まりです。48年には国連総会でこの行為の防止と処罰(しょばつ)を求める「ジェノサイド条約」が採択(さいたく)されました。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文731文字)

あわせて読みたい

注目の特集