連載

発言

ニュースや社会問題について識者・専門家が論じる寄稿欄です。

連載一覧

発言

民主主義修復、市民の手で 工藤泰志「言論NPO」代表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 コロナという人類共通の危機に世界はなぜ協力できないのか。3月22、23の両日、オンラインで開催した「東京会議」で主催者としてこの問いを提起した。

 この議論を行おうと考えたのは、世界は今回、教訓を何ら得ず、次の危機で同じ過ちを繰り返すのではないかと思ったからだ。

 東京会議には世界から民主主義国の「世界最高峰」のシンクタンク10団体代表や、首相や大統領の経験者、最前線で危機に立ち向かう専門家など35人が集まった。

 コロナ危機は世界の国際協調への努力や政府の危機対応力を測る重要なテストとなった。世界はいまだ封じ込めに成功していない。明らかになったのは、国際協調を失い、多くの民主主義国がその対応で失敗したということである。

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1276文字)

あわせて読みたい

注目の特集