国後島でサーフィン ロシア連盟が初の合宿

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国後島=2019年11月19日午前10時18分、本社機「希望」から宮間俊樹撮影
国後島=2019年11月19日午前10時18分、本社機「希望」から宮間俊樹撮影

 ロシアが実効支配する北方領土の国後島でロシア・サーフィン連盟が初めて公式の合宿を行っていることが6日までに分かった。東京オリンピックなどの国際大会を目指す6選手が参加している。

 島を事実上管轄する極東サハリン州は「わが国のサーフィンスポット探しの出発点になる」と実効支配を誇示した。

 合宿は1~14日の予定。連盟の国際担当…

この記事は有料記事です。

残り66文字(全文228文字)

あわせて読みたい

注目の特集