東芝、再建道半ば 買収提案 不正発覚後、主力売却

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東芝が展開する主な事業
東芝が展開する主な事業

 英投資ファンドによる買収提案が明らかになった東芝は、経団連会長など財界トップを輩出してきた名門企業。ところが、創業140年を迎えた2015年に不正会計が発覚して以降、相次ぐ不祥事で信用を落としてきた。主力事業を次々に切り売りする事態に追い込まれ、稼ぎ頭を失って成長の種に乏しい東芝。今回の買収提案が何をもたらすのかはまだ見えていない。

 東芝は、08年のリーマン・ショックに伴う世界的な不況に直面し、経営トップがなりふり構わぬ「利益至上主義」に突き進んだ。「チャレンジ」と呼ばれる過剰な業績改善要求を事業部門に突きつけ、利益水増しを繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文974文字)

あわせて読みたい

注目の特集