景気動向指数、2月1.3ポイント下落

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 内閣府が7日発表した2月の景気動向指数(2015年=100、速報値)は、景気の現状を示す「一致指数」が前月比1・3ポイント下落の89・0となり、2カ月ぶりに悪化した。基調判断は「上方への局面変化」を据え置いた。

 2月に発生した福島県沖を震源とする地震の影響で自動車部品の供給が止まったことや、半導体…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

あわせて読みたい

注目の特集