学術会議形態 「現行望ましい」 会長、科技相に改革案

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本学術会議の梶田隆章会長は7日、内閣府で井上信治・科学技術担当相と会談し、内部で検討している組織改革報告書の素案を提出した。素案では焦点の組織形態の見直しについて、内閣府の一機関である現行の形態が最も望ましいとする一方、もし政府から独立する場合は特殊法人化することも選択肢として示し、引き続き検討する余地を残した。学術会議は8…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

あわせて読みたい

注目の特集