菅首相、訪印を調整 中国けん制 フィリピンも

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉首相は4月下旬に始まる大型連休中にインドを訪問し、モディ首相と初の対面での会談を行う調整に入った。併せてフィリピンも訪れ、ドゥテルテ大統領と会談することも検討している。「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた連携を図るとともに、中国と領土問題を抱える両国との関係を強化することで、海洋進出を強める中国をけん制する狙いもある。

 複数の政府関係者が7日、明らかにした。首相の外遊は2020年10月のベトナム、インドネシア、今月中旬の米国に続き3回目となる。新型コロナウイルスの感染状況を見極めた上で最終判断する。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文555文字)

あわせて読みたい

注目の特集