ヒトiPSから胎盤細胞作製 不妊症研究などに応用期待 京大研究所など成功

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ヒトiPS細胞から作った胎盤の基になる栄養外胚葉の顕微鏡写真=京都大iPS細胞研究所提供
ヒトiPS細胞から作った胎盤の基になる栄養外胚葉の顕微鏡写真=京都大iPS細胞研究所提供

 ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、妊娠の維持に重要な役割を果たす胎盤を形作る細胞の作製に世界で初めて成功したと、京都大iPS細胞研究所などが発表した。胎盤が関わる妊娠合併症や不妊症の研究が今後、進むと期待される。論文は8日、米科学誌セルステムセル電子版に掲載された。

 同研究所の高島康弘講師(再生医学)らのチームは、着床前の受精卵に近く、幅広い分化能力を持つ新型のiPS細胞に4種類の因子を加える…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

あわせて読みたい

注目の特集