特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦 第1局 千日手、打開探る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
名人戦七番勝負第1局で立会の中村修九段(右)に封じ手を手渡す渡辺明名人(左)。中央右は斎藤慎太郎八段=東京都文京区のホテル椿山荘東京で2021年4月7日、西夏生撮影
名人戦七番勝負第1局で立会の中村修九段(右)に封じ手を手渡す渡辺明名人(左)。中央右は斎藤慎太郎八段=東京都文京区のホテル椿山荘東京で2021年4月7日、西夏生撮影

 <大和証券>

 渡辺明名人(36)に斎藤慎太郎八段(27)が挑戦する第79期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)が7日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で始まり、午後6時半、渡辺が60手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各9時間のうち消費時間は斎藤4時間31分、渡辺3時間21分。2日目の8日は午前9時に対局を再開する。

 開始18分前、名人戦初挑戦の斎藤が対局室に入り、渡辺を待った。前期初めて名人の座に就いた渡辺は、通算タイトル獲得数が歴代4位の28期になる歴戦の雄らしく、堂々と入室した。

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1424文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集