連載

くらしの明日

社会保障のあるべき姿を専門家が論じます。

連載一覧

くらしの明日

私の社会保障論 多様なツール生かす=東レ経営研究所特別研究員・渥美由喜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 女性活躍に立ちふさがる「二つの壁」があると言われてきた。「長時間労働」については働き方改革の取り組みで徐々に改善しつつある。残る「出張・転勤の可否」についても、テレワークの普及が追い風となっているが、まだフル活用している企業は少ない。重要なのは、同期(オンライン)と非同期(オフライン)を徹底的に使い分ける姿勢だ。

 私は、ダイバーシティー(多様性)の研究者としてほぼ毎年、海外の企業・自治体の事例調査に出張してきた。しかし、約10年前に実父の介護や次男の小児がんと直面してからは、業務をすべてネット上で完結するように努めてきた。

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文926文字)

あわせて読みたい

注目の特集