プロ野球 中日3-1DeNA 勝野、粘るは楽し 中日先発陣で初白星

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中日が連敗を3で止めた。二回、敵失の間に2点を先取し、五回は根尾の適時打で加点。先発・勝野は再三走者を背負いながらも、5回無失点と粘って今季初勝利を挙げた。DeNAは拙攻が響き、3連勝を逃した。

 粘りに粘って、ひそかに狙っていたチーム先発陣の初白星をもぎ取った。中日は12球団で唯一、先発に勝ち星が付いていなかったが、23歳の勝野が5回無失点で今季初勝利。再三のピンチをしのぎ、「走者を出しても楽しむイメージで投げられた」と声を弾ませた。

 五回まで毎回、得点圏に走者を背負う苦しい投球だったが、腕を振って直球を投げ込み、フォークを振らせた。三回1死満塁では宮崎を直球で押し切って二ゴロ併殺打。五回は2死から連続で四球を与えたが、2安打されていた神里を空振り三振に仕留めた。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文760文字)

あわせて読みたい

注目の特集