新潟・柏崎刈羽原発 東電、命令受け入れ 核セキュリティー改善

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)でテロなどに備えた核セキュリティー対策に不備があった問題で、東電は7日、新潟市内で記者会見を開き、同原発の改善を命令する原子力規制委員会の方針を受け入れることを明らかにした。この日、規制委に「命令には弁明しない」と回答した。これを受け、規制委は14日に原子炉等規制法に基づき改善命令をする方針だ。

 会見で東電の小早川智明社長は「(改善命令という)評価があっても仕方ないような重大な事案。規制委の指摘の内容についても弁明の余地がないものと考えている。重く受け止め、根本的な原因究明と改革を進めていく」と述べた。規制委が命令したら、核セキュリティー対策に臨む東電の姿勢が改善されるまで、核燃料の移動が禁止され、搬入や原子炉への装着など再稼働の準備ができなくなる。規制委による商用原発への行政処分は初め…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文662文字)

あわせて読みたい

注目の特集