特集

2021衆参補選・再選挙

4月25日投開票予定の衆院北海道2区補選と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙を紹介します。

特集一覧

長野と広島の参院2選挙告示 与野党対決、政権運営にも影響

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院広島選挙区再選挙が告示され、候補者の訴えを聞く有権者ら=広島市中区で2021年4月8日午前9時40分、猪飼健史撮影 拡大
参院広島選挙区再選挙が告示され、候補者の訴えを聞く有権者ら=広島市中区で2021年4月8日午前9時40分、猪飼健史撮影

 菅政権発足後、初の国政選挙となる参院長野選挙区補選と参院広島選挙区再選挙が8日、告示された。いずれも与野党対決の構図となり、菅政権の新型コロナウイルス対応や「政治とカネ」の問題などが争点となる。13日に告示の衆院北海道2区補選とともに25日に投開票される。秋までに行われる衆院選の前哨戦と位置付けられる。

 長野補選は、立憲民主党の羽田雄一郎元国土交通相の死去に伴い行われ、自民党新人の小松裕氏(59)=公明党推薦▽立憲民主党新人の羽田次郎氏(51)=共産党、国民民主党、社民党推薦▽NHK受信料を支払わない方法を教える党新人の神谷幸太郎氏(44)――の3人が立候補した。小松氏は元衆院議員で、羽田次郎氏は雄一郎氏の弟。

 広島再選挙は、公職選挙法違反で有罪が確定した河井案里元参院議員(自民党を離党)の当選無効に伴うもので、諸派新人の宮口治子氏(45)=立憲民主党、国民民主党、社民党推薦▽無所属新人の佐藤周一氏(45)▽無所属新人の大山宏氏(72)▽無所属新人の玉田憲勲氏(63)▽自民党新人の西田英範氏(39)=公明党推薦▽NHK受信料を支払わない方法を教える党新人の山本貴平氏(46)――の6人が立候補した。

 衆院北海道2区補選は、収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛元農相(自民党を離党)の議員辞職に伴い実施され、自民、公明両党は候補者擁立を見送る。自民党の麻生太郎副総理兼財務相は8日、東京都内での会合で「北海道は不戦敗。残る二つは厳しいスタートだが接戦は確かなので、ぜひ二つ取らなければいけない」と強調。立憲民主党の福山哲郎幹事長は同日、長野県上田市内での演説で「近いうちに衆院選がある。勢いを衆院選につないで日本の政治を変えたい」と訴えた。

 3選挙の結果は、菅義偉首相の政権運営や衆院解散戦略に影響を与えそうだ。次期衆院選に向けた野党共闘も問われることになる。【青木純、宮原健太】

【2021衆参補選・再選挙】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集