トヨタ、自動運転レベル2「レクサス」発売 同社初の実用化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トヨタ自動車が自動運転技術を強化した高級ブランド「レクサス」の「LS」 拡大
トヨタ自動車が自動運転技術を強化した高級ブランド「レクサス」の「LS」

 トヨタ自動車は8日、運転者監視のもとでハンドルから手を放し、高速道路などを自動走行する技術を搭載した高級車レクサスを発売した。5段階ある自動運転技術のうち、レベル2に相当する。同じ技術を搭載した燃料電池車(FCV)のミライも12日に発売する予定だ。レベル2の車をトヨタが実用化するのは初めて。

トヨタ自動車=村田由紀子撮影 拡大
トヨタ自動車=村田由紀子撮影

 トヨタの技術は、人工知能(AI)を取り入れ、運転中のさまざまな状況を予測して対応するのが特徴。運転操作の制御や高精度地図に関するソフトウエアの更新も可能だ。価格はレクサスが1632万円(税込み)から、ミライが845万円(同)から。

 前田昌彦最高技術責任者(CTO)は「必ずしもレベルだけの話が大事だとは思っていない。何より大事なのは安心して運転を任せられるシステムかどうかだ」と指摘。より高度な自動運転技術のレベル3の実用化については「社会の需要も重要な要因。状況を見ながら開発を進めていく」と述べた。【田口雅士】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集