特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

EU、ワクチン接種目標を大幅に下回る アストラゼネカ供給不足で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ワクチン接種のため列を作る人々=パリ郊外のサッカー競技場で2021年4月6日、AP 拡大
ワクチン接種のため列を作る人々=パリ郊外のサッカー競技場で2021年4月6日、AP

 欧州連合(EU)で3月末までに新型コロナウイルスのワクチンを接種した人の割合が当初の目標を大幅に下回っていたことが、欧州疾病予防管理センター(ECDC)の統計で明らかになった。この時期までに80歳以上の8割への接種などを目指していたが、1回目の接種率は6割にとどまり、目標値を上回った加盟国は27カ国中5カ国にとどまった。

 ECDCの統計(5日現在)によると、EU域内で80歳以上の接種状況は1回目が59・8%。完了となる2回目は29・7%だった。マルタ(1回目接種率95・8%)、アイルランド(同94・8%)など5カ国を除き、ほとんどの加盟国が目標を達成できなかった。EUは医療従事者らの8割が接種を受けるとの目標を掲げていたが、これも届かなかった。

 主な原因は英製薬大手アストラゼネカ社製ワクチンの供給不足だ。同社は1月下旬、「生産上の問題」などを理由にEUに供給削減を通知。欧州メディアによると、3月末までにEUに1億回分以上を提供する予定だったが、出荷は約3000万回分にとどまった。

 同社製ワクチンを巡っては接種後に血栓ができる事例が報告され、死亡例も出ている。EUに加盟する十数カ国が3月中旬に接種を一時停止。欧州医薬品庁(EMA)が「安全で効果的だ」との判断を示したことで多くの国は再開したが、ドイツは接種対象を60歳以上、フランスは55歳以上に引き上げるなど使用を制限している。

 フランスでは副反応を懸念する人々が同社製ワクチンを避ける動きも出ている。AFP通信によると、5日までに北部カレーの接種拠点では550回分に対し70件の予約しか無かった。7日には英規制当局が、アストラ社製の接種後に血栓の症状がみられた19人が死亡したと発表。今後、アストラ社製への懸念がさらに高まる可能性もある。【ブリュッセル岩佐淳士、パリ久野華代】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集