バイデン政権、パレスチナ支援を再開 平和構築など258億円

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本を含む世界各国の人権状況に関する米国務省の年次報告書を発表するブリンケン国務長官=同省サイトより
日本を含む世界各国の人権状況に関する米国務省の年次報告書を発表するブリンケン国務長官=同省サイトより

 ブリンケン米国務長官は7日の声明で、トランプ前政権が全面的に停止した国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への拠出などパレスチナ支援を再開する方針を表明した。総額は計2億3500万ドル(約258億円)で、極端な親イスラエルの立場をとったトランプ前政権の中東政策からの転換を改めて明確にした。

 声明によると、UNRWAへの拠出は約1億5000万ドル、ヨルダン川西岸とガザ地区から成るパレスチナ自治区の経済開発に7500万ドル、米国際開発庁(USAID)を通じた平和構築プログラムに1000万ドル…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

あわせて読みたい

注目の特集