大麻摘発、4年連続で最多 目立つ20代 「害ない」広がる誤認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
警察庁、国家公安委員会などが入る中央合同庁舎第2号館=東京・霞が関で2019年、本橋和夫撮影
警察庁、国家公安委員会などが入る中央合同庁舎第2号館=東京・霞が関で2019年、本橋和夫撮影

 全国の警察が2020年に大麻を所持したなどとして摘発(逮捕・書類送検)したのは前年比713人増の5034人で、4年連続で過去最多を更新した。警察庁が8日発表した。特に20代以下の増加が目立ち、全体の68・1%を占めた。同庁は「『海外の一部では合法化されているから大麻は有害ではない』との誤った認識がインターネットで広がっていることなどが背景にある」とみている。

 年代別では、20代が前年比590人増の2540人で最も多かった。20歳未満の未成年は同278人増の887人で過去最多となり、4年で4・2倍に増えた。学生別でみると、大学生が同87人増の219人で高校生は同50人増の159人。中学生は同2人増の8人で、最年少は14歳だった。

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1555文字)

あわせて読みたい

ニュース特集