国際バカロレア認定、県立高知国際高が開校 知事「志の実現を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新入生を代表して宣誓する細川はるかさん(右)=高知市鴨部2の高知国際高校で2021年4月7日午前11時6分、北村栞撮影
新入生を代表して宣誓する細川はるかさん(右)=高知市鴨部2の高知国際高校で2021年4月7日午前11時6分、北村栞撮影

 今年度新設の高知県立高知国際高校(高知市鴨部2)の開校式と入学式が7日、同校体育館で開かれた。同校は国際的に活躍する人材の育成を目指し、教育プログラム「国際バカロレア」の認定を受けたことでも注目を集める。この日の式典には普通科とグローバル科合わせて278人の新入生が出席し、緊張した表情を見せつつも期待に胸を膨らませていた。【北村栞】

 高知国際高校は2014年の県立高校再編振興計画に基づき、高知南高校と高知西高校が統合する形で設立された。両校で取り組んだ国際・語学教育を発展させようと、開校前から国際バカロレア認定校を目指し、昨年度、併設する高知国際中学校と共に認定を受けた。国際バカロレアでは、履修して一定の成績を収めると国際的な大学入学資格が得られるカリキュラムもある。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文666文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集