特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

名人戦第1局 渡辺名人、矢倉から穴熊に 斎藤八段が挑戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
第79期名人戦七番勝負第1局2日目、封じ手を見せる立会の中村修九段(中央)。手前左は渡辺明名人。手前右は斎藤慎太郎八段=東京都文京区のホテル椿山荘東京で2021年4月8日、西夏生撮影 拡大
第79期名人戦七番勝負第1局2日目、封じ手を見せる立会の中村修九段(中央)。手前左は渡辺明名人。手前右は斎藤慎太郎八段=東京都文京区のホテル椿山荘東京で2021年4月8日、西夏生撮影

 渡辺明名人(36)に斎藤慎太郎八段(27)が挑戦する第79期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は8日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で2日目の対局が始まった。

 前日に続き晴天の朝を迎えた広大な庭園内の対局場。庭園に雲海を出現させる演出もあり、訪れた人を楽しませていた。前日午後にはホテル内で新型コロナウイルス感染対策を行った上での大盤解説会も開催。半数以上が女性で、将棋人気の広がりを感じさせた。

 1日目と同様、斎藤が早めに対局室に入り、その後、渡辺が定刻の10分ほど前に着座。記録の田中大貴三段が読み上げる前日の手順が盤上に再現された。59手目まで並べたところで、立会の中村修九段が封じ手を開け、「5二金です」と読み上げた。対局は定刻の午前9時に再開された。

 タイトル戦初対局の両者の対戦。1日目は矢倉戦になり、手待ちが続き戦いが始まらなかった。封じ手の5二金は直前に寄った金の位置を戻す手で、斎藤の動きを待つ姿勢が続く。斎藤も予想していたのか角を動かして間合いを計る。渡辺は矢倉から穴熊に玉を深く囲った。

 解説の高見泰地七段は「封じ手の5二金は予想されていた手。斎藤八段も角の移動は前日から考えていたでしょう。渡辺名人が得意の穴熊に組み上げましたが、慎重に進めてきた斎藤八段がどう局面を打開するか。スローペースの進行で、持続した集中力が求められる神経戦です」と語った。【山村英樹、武内亮】

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集