三浦春馬さん出演映画「森の学校」ロケ地パンフ 丹波篠山で配布

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
映画「森の学校」のロケ地の一つとなった桜の木=丹波篠山市曽地中で2021年4月3日午後2時31分
映画「森の学校」のロケ地の一つとなった桜の木=丹波篠山市曽地中で2021年4月3日午後2時31分

 2020年夏に亡くなった俳優、三浦春馬さんが出演した兵庫県丹波篠山市が舞台の映画「森の学校」(2002年、西垣吉春監督)が今、再び注目を集めている。全国で再上映が行われており、ロケ地を訪問するファンの姿も。「せめてものおもてなしに」と丹波篠山観光協会がロケ地を紹介するパンフレットを作り、4月1日から1人1部限定で無料配布を始めた。

 「森の学校」は、同市出身で、霊長類学者の河合雅雄さんが自らの子供時代をベースに描いた小説「少年動物誌」(福音館書店)が原作。昭和10年代の丹波篠山を舞台に、野山を駆け泥だらけになりながら遊ぶ雅雄ら子どもたちが、自然や生き物とのふれあい、家族との別れなどを通じて成長していく姿が描かれる。雅雄役を演じたのが三浦さんだった。三浦さんの死後、リクエストが多い作品を再上映するTOHOシネマズのサービス「ド…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1122文字)

あわせて読みたい

注目の特集