自民男性議員が「妊婦体験」 7.3キロのジャケット着用1泊2日

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党青年局所属の30代の男性議員3人が8日、妊娠7カ月の状態を疑似体験できるジャケットを着けて2日間を過ごす「妊婦体験」を始めた。妊娠中ならではの体への負担や不便さを男性議員も知ることで、出産や子育てに関する政策づくりにつなげる狙い。

 衆院議員の小倉将信(39)、鈴木憲和(39)、藤原崇(37)の3氏が体験する。3氏は8日に党本部で開かれた説明会で、重さ約7・3キロのジャケ…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集