マスク未着用注意され、スーパーでつば吐き殴る 暴行容疑で逮捕

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
栃木県警本部=李舜撮影 拡大
栃木県警本部=李舜撮影

 新型コロナウイルス対策でマスクをするよう促されて憤慨し、つばを吐きかけるなどしたとして、栃木県警那須烏山署は8日、那須烏山市東原、職業不詳、千葉博史容疑者(67)を暴行容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、2日午前11時55分ごろ、同市田野倉のスーパーにマスクをせずに入店しようとしたところ、男性店長(47)に注意されたため、つばを吐きかけ、顔を殴るなどしたとしている。千葉容疑者はつばを吐いたことについて「せきをしただけ」などと容疑を一部否認している。

 店長が110番して発覚。千葉容疑者は同店の常連で、これまでもマスクなしに店を訪れることが多かったという。【竹田直人】

あわせて読みたい

注目の特集