特集

部活クライシス

学校教育の一環とされてきた部活動。教員の長時間労働や少子化などを背景に、従来の活動が成り立たなくなりつつあります。

特集一覧

#教師のバトン炎上 文科省局長「厳しい声を勤務環境改善に」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「炎上」した「『#教師のバトン』プロジェクト」の今後についてオンラインで説明する文部科学省の義本博司局長=2021年4月8日
「炎上」した「『#教師のバトン』プロジェクト」の今後についてオンラインで説明する文部科学省の義本博司局長=2021年4月8日

 現職教員の声をSNS(ネット交流サービス)で広げることで、教員の仕事の魅力を伝える文部科学省の「『#教師のバトン』プロジェクト」に批判的な投稿が相次いだことを受け、プロジェクトを担当する同省総合教育政策局の義本博司局長が8日、オンラインメディア向けの説明会を開いた。義本氏はプロジェクトを続ける考えを示し、「いただいた厳しい声を勤務環境の改善につなげていく」と釈明した。

 プロジェクトは、学校の「働き方改革」の好事例などを「#教師のバトン」というハッシュタグを付けてツイッターなどに投稿してもらい、教員を目指す人たちに仕事の魅力を知ってもらおうというもの。省内の若手職員たちの発案で先月26日にスタートした。ところが、当初の思惑とは異なり、仕事の過酷さを訴えたり、文科省を批判したりする投稿であふれかえり、企画は一時「炎上」した。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文917文字)

【部活クライシス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集