米国オリンピック委員会、北京五輪ボイコットには「反対」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
五輪マーク=東京都新宿区で、小川昌宏撮影
五輪マーク=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)のハーシュランド最高経営責任者(CEO)が7日、オンラインでの記者会見に臨み、2022年北京冬季五輪のボイコットについて「USOPCとしては選手のボイコットには反対する」との立場を表明した。国務省の報道官が中国の人権侵害を批判し、北京大会のボイコットも選択肢だとの考えを示したことを受けての発言。

 ハーシュランドCEOは…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文300文字)

あわせて読みたい

注目の特集