県、クマ対策強化 餌・ブナの開花状況 ドローンで調査 春~夏も出没注意! /石川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
金沢市消防局職員が操作するドローン=金沢市田上本町で2020年11月15日午前9時15分、深尾昭寛撮影
金沢市消防局職員が操作するドローン=金沢市田上本町で2020年11月15日午前9時15分、深尾昭寛撮影

 昨秋、県内で相次いで出没したツキノワグマについて、県が4月から対策の強化に乗り出す。クマの主な餌となるブナの開花状況を小型無人機(ドローン)を使って調査するほか、市町との訓練を増やす。専門家はクマの生息範囲が広がり、恒常的に出没する可能性があるとして、春から夏にかけてもクマの出没に注意するよう呼びかけている。

 クマの目撃件数は2020年が869件、人身被害は15人。いずれも現在の統計形式になった05年以降で最多となった。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文672文字)

あわせて読みたい

注目の特集