新型コロナ 重症病床、1週間で満床 余力なく、救急医療に影響懸念 大阪・近大病院長、変異株の拡大実感

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
近畿大病院の東田有智病院長=大阪狭山市大野東の近畿大病院で、近藤諭撮影
近畿大病院の東田有智病院長=大阪狭山市大野東の近畿大病院で、近藤諭撮影

 これまでにない速さで感染が再拡大している新型コロナウイルス。大阪府は7日、「医療非常事態宣言」を出して医療機関に病床の確保を緊急要請した。府は重症患者が確保病床数を超える可能性が高いとみて危機感を募らせるが、医療機関にも余力はない。変異株の拡大も迫る中、重症患者を受け入れている近畿大病院(大阪狭山市)の東田有智(とうだゆうぢ)病院長(67)は「通常の医療も止められない中で、我々も最大限努力している。感染拡大防止に力を尽くしてほしい」と訴えた。

 同病院は2020年春にコロナ病床10床を設置し、同年12月には12床に増やした。2回目の緊急事態宣言解除後の21年3月初め、府の方針を受け10床に戻したが、感染再拡大により、同月末に再び2床増床の要請があった。「新人職員が入ってくる年度初めに、直ちには応じられない。こうならぬよう、平時にこそ感染者増への対策を打っておくべきだったのに……」

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1193文字)

あわせて読みたい

注目の特集