特集

自民党

自民党に関するページです。

特集一覧

坂井副長官への不満、自民内で渦巻く 首相側近へのやっかみも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院予算委員会で、菅義偉首相(手前左)と言葉を交わす坂井学官房副長官(右)=国会内で2021年3月15日午後4時42分、竹内幹撮影
参院予算委員会で、菅義偉首相(手前左)と言葉を交わす坂井学官房副長官(右)=国会内で2021年3月15日午後4時42分、竹内幹撮影

 菅義偉首相側近の坂井学官房副長官への不満が、自民党内で渦巻いている。副長官は若手政治家の「登竜門」とも呼ばれる重要ポストだが、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、首相官邸で首相を支持する党内グループの昼食会を開き、物議を醸した。坂井氏の「失点」が続けば首相の求心力にも影響しかねない。首相の「アキレスけん」になる可能性がある。

 「またか。坂井氏は政権の足を引っ張ってばかりだ」。自民党幹部は嘆いた。

 問題視されたのは、坂井氏が1日に官邸で行った自民党無派閥議員グループ「ガネーシャの会」メンバー12人との昼食会。この日、政府は「まん延防止等重点措置」を大阪、兵庫、宮城の3府県で初めて適用することを決めた。コロナ禍への対応に追われる官邸での昼食会の開催は、野党のみならず、自民党内から猛反発を受けた。

 官房副長官が担うのは、政府内や与党との連絡・調整役だ。政府の政策決定や国会運営など幅広い分野で調整力が…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1427文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集