特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「まん延防止」拡大 遠のく春解散 自民に漂う緩み、党幹部は警戒

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高層ビルが建ち並ぶ東京都心。中央奥は皇居=東京都港区で
高層ビルが建ち並ぶ東京都心。中央奥は皇居=東京都港区で

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「まん延防止等重点措置」の対象地域が東京都など3都府県にも拡大したことを受けて、自民党内では4~5月の衆院解散は遠のいたとの観測が広がっている。衆院議員の任期満了まで残り半年だが、緩みが漂い始めており、党幹部は引き締めに躍起になっている。

 「当面解散はできない。これから先はコロナとの神経戦になってくる」。自民党の閣僚経験者は9日、まん延防止措置の対象地域が今後も広がる可能性を見越し、「春解散」は消えて解散可能なタイミングが狭まっているとの見方を示した。

 菅政権は当初、2度目の緊急事態宣言解除後の4~5月の解散を模索した。森山裕国対委員長が3月中旬、TBSのCS番組で4月解散について「否定はできない。いろんなことがある」と発言してから一気に解散風が吹いた。森山氏が、…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1153文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集