特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

米が世界100社に課税強化案 IT限定せず 7月国際合意へ協議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「GAFA」と称される米IT大手4社のアプリ
「GAFA」と称される米IT大手4社のアプリ

 巨大IT企業などの過度な節税を防ぐ国際的な法人税改革のルール作りを巡り、バイデン米政権が関係各国に示した新提案が8日判明した。課税強化の対象業種をデジタル関連に限定せず、売上高の大きい「多国籍企業100社程度にする」のが特徴。グーグルやフェイスブックなど巨大ITを抱える米国が具体的な提案をしたことで、各国が目指す7月の国際合意へ協議が加速しそうだ。

 これまで国際的に「デジタル課税」を念頭に検討されてきたが、トランプ前政権下の米国は自国に不利だと反発。今回は米国が受け入れ可能なITに限定しない代替案を示した。

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1147文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集