特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

イオン、過去最大710億円の最終赤字 コロナ休業・時短響く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イオン株式会社=村田由紀子撮影
イオン株式会社=村田由紀子撮影

 イオンが9日発表した2021年2月期連結決算は、最終(当期)損益が710億円の赤字(前期は268億円の黒字)だった。赤字転落は、米金融危機の影響で消費が低迷した09年2月期以来12年ぶりで、過去最大の赤字額となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う店舗の臨時休業や営業時間の短縮、客足減などが響いた。

 売上高に当たる営業収益は、前期比微減の8兆6039億円。食品や生活必需品を扱うスーパーやドラッグストアは「巣ごもり需要」で好調だったが、総合スーパー(GMS)は緊急事態宣言に伴うテナントの臨時休業で苦戦した。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文503文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集