幸福度世界一 フィンランドの哲学者に聞く「幸せになる方法」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
フィンランドの哲学者、フランク・マルテラ氏=Marek Sabogal撮影
フィンランドの哲学者、フランク・マルテラ氏=Marek Sabogal撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大のため、1年以上、親の介護とリモートワークで家にこもる生活が続いている。運動不足で首と肩はがちがちになり、気持ちはうつうつとする。そんな中、国連が3月に発表した「世界幸福度報告2021年版」でフィンランドが4年連続で幸福度ランキング1位になったというニュースを聞いた。どうすれば幸せになれるのだろう? そもそも、幸せって何? 「世界一しあわせなフィンランド人は、幸福を追い求めない」という本を3月に出版したフィンランドの気鋭の哲学者、フランク・マルテラ氏(39)に根源的な問いを投げかけてみた。【國枝すみれ/デジタル報道センター】

フィンランド人が幸せな理由

 まず、フィンランドで幸福度が高い理由を聞く。自然環境をみてみると、冬は夜が18時間も続き、年間の平均気温は5度と比較的厳しい。それでなぜ世界149カ国・地域のなかで一番幸せな国なのか。

 「フィンランドは、すごく幸せな人はいなくても、すごく惨めな生活をしている人が少ないので、平均点が高いのだと思います」。マルテラ氏は冷静に答える。

 国連がいう幸福度とは、アンケートで「最高」を10点、「最低」を0点として、自分の人生を評価してもらった数値の平均で、いわば生活への満足度調査。一方、「昨日、あなたは笑いましたか?」「昨日、喜びを感じましたか?」などと幸せな体験を尋ねる調査では、中南米諸国が上位となるという。

 幸福度が高い理由の一つとしてマルテラ氏が挙げるのは、フィンランドの公的制度に対する国民の信頼が高いことだ。

 「政府など公的制度が市民を正しく守るとき、市民はそれを信頼します。そしてその制度を維持しようとする政治家を選びます。米国の経済学者、ジェフリー・サックス教授は、北欧の政治家が選挙キャンペーンで『税金上げる』と主張しても当選することに気づいて驚きました。市民は、税金は正しい目的のために使われる、と信じているため、増税をいとわないのです」

「信頼」がコロナ禍の感染予防行動にも影響

 記者が特派員として暮らしていた米国は正反対だ。予算を配分する議会や政府への信頼は低く、増税を嫌う。金欠で公立学校など公的制度の質は落ち、悪循環が起きる。フィンランドでは教育は無料だ。私立の学校もあるが、貧しい人も豊かな人も同じ公立の学校や大学に通うのが普通という。

 フィンランドはコロナ禍でも世界一の記録を更新した。…

この記事は有料記事です。

残り4366文字(全文5365文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集