特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「400円で打てる」「自宅伺う」ワクチン接種で不審電話相次ぐ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
千葉県警本部=信田真由美撮影 拡大
千葉県警本部=信田真由美撮影

 新型コロナウイルスのワクチン接種に便乗し、金銭を要求する不審な電話や訪問が全国で相次いでいる。千葉県警によると、県内ではこれまで確認されていないが、県警の担当者は「いつかかってきてもおかしくない。ワクチン接種で金銭が要求されることや、個人情報が電話やメールで求められることはない。不審な電話などがあれば警察に相談してほしい」と注意を呼びかけている。

 大阪府では3月2日、80代女性方の固定電話に、市職員を名乗る女から「4000円のコロナワクチンが400円で打てる」「明日自宅に伺う」などと連絡があった。栃木県日光市の高齢女性方には同20日、市職員を名乗る男が電話で「ワクチン接種は有料」などと現金の振り込みを求めてきた。和歌山県では同22日、市職員を装った男女2人が60代の男性方を訪れ「金を払えば優先接種できる」と虚偽の説明をした。いずれの事例も住民が不審に思い、被害はなかった。

 高齢者への優先接種は12日から始まり、千葉市は同日、高齢者施設での接種を開始する予定。費用は国が負担するため、無料で接種できる。

 一方で、新型コロナ感染拡大に便乗した他の不審電話は、県内でも確認されている。県警によると、金融機関の職員をかたったり、宅配業者を名乗ったりするなど、さまざまなパターンがある。助成金に関する架空のサポートセンターを名乗り「コロナの関係で新しい制度ができた」と電話してきたものや、病院関係者を装って「息子さんがコロナでうちに入院した」といった虚偽の電話。親族を名乗り「コロナの件で銀行の封鎖が始まるから、お金を下ろして家に置いたほうが良い」などといったもので、いずれも詐欺の被害に遭う可能性が高いという。【山本佳孝】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集