特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

世田谷と八王子にワクチン 連絡は到着30分前で職員大慌て

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
届いたワクチンを専用冷凍庫に移す世田谷区職員=世田谷区内の公共施設で2021年4月8日、加藤昌平撮影
届いたワクチンを専用冷凍庫に移す世田谷区職員=世田谷区内の公共施設で2021年4月8日、加藤昌平撮影

 東京都内で初めて新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種が始まる世田谷区と八王子市に8日、計約2000人分が到着した。両区市在住の高齢者のごく一部の量にとどまり、今後の追加到着予定はまだ不透明だ。自治体職員らは、初めての対応に慌ただしく準備を進めている。【加藤昌平、野倉恵】

 8日に世田谷区に到着したのは約1000人分で、区の高齢者約18万6000人の1%未満(約0・5%分)にとどまる。4月下旬に第2陣の約500人分が届く予定だが、第3陣以降は未定という。

 8日午前9時15分ごろ、区内の公共施設に運送業者のトラックが到着し、段ボール2箱分のファイザー社製のワクチンと希釈液が区職員に受け渡された。ワクチンは、ドライアイスでマイナス75度に保冷され、職員が専用冷凍庫に移した。接種前日までこの施設で保管され、当日に解凍して使用するという。

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1173文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集