比叡山鉄道が「戦国BASARA」列車 最澄1200年大遠忌記念で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
人気ゲーム「戦国BASARA」の主人公の一人、伊達政宗が描かれたラッピング列車=大津市坂本本町のケーブル坂本駅で2021年4月4日午後2時0分、諸隈美紗稀撮影
人気ゲーム「戦国BASARA」の主人公の一人、伊達政宗が描かれたラッピング列車=大津市坂本本町のケーブル坂本駅で2021年4月4日午後2時0分、諸隈美紗稀撮影

 比叡山鉄道(大津市)は、人気ゲーム「戦国BASARA」のラッピング列車を坂本ケーブルで運行している。車両にはゲームの主人公、伊達政宗や真田幸村ら戦国武将が描かれている。運行は12月26日まで。

 比叡山延暦寺を開いた伝教大師最澄の1200年大遠忌(おんき)記念イベントの一環。青色が基調の「伊達号」と、赤色が基調の「真田号」がある。車両の天井に…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集