勤務中に女性署員とスノボ 前署長を停職3カ月に 秋田県警

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
秋田県警本部=高野裕士撮影 拡大
秋田県警本部=高野裕士撮影

 秋田県警は9日、勤務時間内に森吉山阿仁スキー場でスノーボードをしていたなどとして、前北秋田署長の小松辰弥氏(57)=警務部付=を同日付で停職3カ月の懲戒処分にしたことを明らかにした。また本人からの申し出により同日付で警視から警部に降格した。

 県警によると、小松警部は2021年2月12日、北秋田市内の森吉山阿仁スキー場で勤務時間中にスノーボードをした。移動には公用車を使い、女性署員も同行した。

 小松警部はこのスキー場で起きた死亡作業事故の現場確認の一環とする説明をしていたが、県警は現場の位置を考慮すると徒歩での移動が適切で、スノーボードの滑走は捜査上特段必要のないものだと判断した。

 小松警部が勤務中にスノーボードをしていたとされる報道を受け、県警が調査を進めていたが、他にも職務を怠ったとされる行為が複数発覚した。

 20年8月には、勤務時間内に複数の署員を引き連れ管内の温泉施設に立ち寄り入浴。また10月には休日に公用車で北秋田市の景勝地、小又峡を訪れ遊覧船に乗り写真を撮るなどした。

 小松警部は山岳遭難時などに使う無線の感度を調べる目的だったと説明しているが、時期的に必要性が低いものだったという。20年4月から21年2月にかけても必要な手続きをせずに無断で管外に3回私的な用事で出掛けていた。

 佐藤雅宏首席監察官は「改めて警察職員の綱紀粛正を図り、県民の信頼回復に努める」とコメントした。【下河辺果歩】

あわせて読みたい

注目の特集