不払いの養育費立て替え、20年度は18人分 明石市が報告書案

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
明石市がまとめた子供の養育支援に関する報告書案=同市で、2021年4月2日、大川泰弘撮影
明石市がまとめた子供の養育支援に関する報告書案=同市で、2021年4月2日、大川泰弘撮影

 兵庫県明石市は離婚後に不払いになった子どもの養育費の立て替え事業の報告書案をまとめた。1人あたり上限5万円を市が用立て、保護者から回収する試験的な取り組みで、2020年度に18人分を立て替えた。市市民相談室の能登啓元室長は「成人までの毎月立て替えは、財政負担から一つの自治体ではかかえ切れない。国の関与が必要だ」と話している。

 立て替え事業は市が不払いに関与することで、保護者の支払いを促すことが狙いで、全国に先駆けて試験的に行った。ひとり親世帯で、市内在住の子どもに対する養育費を対象とし、予算1680万円を計上し、2020年7月から21年3月まで行った。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文633文字)

あわせて読みたい

ニュース特集