特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

沖縄「まん延防止」適用 病床逼迫「せめてワクチン接種まで」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
春休みは観光客の姿もあった那覇市の国際通りは感染者の増加で再び閑散とし、店舗の撤退も相次いでいる=那覇市で2021年4月9日午後5時35分、竹内望撮影
春休みは観光客の姿もあった那覇市の国際通りは感染者の増加で再び閑散とし、店舗の撤退も相次いでいる=那覇市で2021年4月9日午後5時35分、竹内望撮影

 新型コロナウイルスの感染者が再び増えている沖縄県に対し、政府が9日、東京都、京都府とともに「まん延防止等重点措置」の適用を決めた。人口約146万人の沖縄だが「第4波」の襲来で感染者数の累計は1万人を超えた。繰り返される感染拡大に医療現場から「何とか抑え込んでほしい」と切実な声が聞かれる一方、大型連休を含む適用期間に基幹産業の観光業界からはため息が漏れた。

 9日午前、玉城デニー知事は定例記者会見でまん延防止等重点措置の適用について問われると、県内の状況を早口で説明し「県内経済を回しながら感染防止対策を取りたいと取り組んできたが、専門家の予想を上回る急拡大になっている」と危機感をあらわにした。

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1311文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集