連載

やまと人模様

毎日新聞デジタルの「やまと人模様」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

やまと人模様

写真家・早津忠保さん(82)=大和高田市 十津川の四季 追い続け /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
十津川の自然を撮り続ける早津さん=大和高田市で2021年3月24日午後3時46分、高田房二郎撮影
十津川の自然を撮り続ける早津さん=大和高田市で2021年3月24日午後3時46分、高田房二郎撮影

 作家の司馬遼太郎が「日本の秘境」と呼んだ十津川村の豊かな自然に魅せられ、40年近くほぼ毎週村へ通い、刻一刻と変わる大自然の表情を撮り続ける。「十津川の四季はライフワークです」

 1938(昭和13)年、京都市左京区生まれ。太平洋戦争中、米軍による都市爆撃が激しくなり、母の出身地である十津川村に疎開。終戦後も村で過ごした。

 初めてカメラを手にしたのは中学3年の頃。父が仕事で使っていた「お古」を譲ってもらったのがマイ・カメラ1号機。高校へ進み、先生から現像や焼き付けのやり方を教わり、家の押し入れで撮影したモノクロフィルムを処理した。

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文975文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集